にゃんぽこりんのメモ

にゃんぽこりんのメモ

Linuxな日々
プロフィール

nyanpokorin

Author:nyanpokorin
昔NEC98にFreeBSDを入れたことがあるくらいで、Linuxは超入門者です。ゼロから勉強しなおしです。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム

リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20090103 Sat
Damn small Linux の限界 

Damn small Linux の限界 

Damn small Linux 4.4(DSL) をインストールしてある FIVA 102ですが、いろいろやってみるのですがどうも無線LANの設定でつまってしまいます。wpa_passphrase はうまくいくのですが、wpa_supplicant が今ひとつうまくいきません。使いたいのは AtherosなPCカード(IO DATA WN-G54/CBL)で11gのWPA2なのですが、madwifiドライバのコンパイル、wicdのインストールまで視野に入れるとGTK+なんかで激しい依存関係の嵐にはまってしまいます。やっぱりカーネルが2.4.31というところが厳しいです。

以下 Damn small Linux 4.4(DSL) の設定メモいろいろ


[ハードディスクへインストール]
# dsl-hdinstall

[800x600 16bit, xvesa]
# xsetup.sh

[ネットワーク設定(有線LAN)]
# vi /etc/network/interfaces
auto eth0
iface eth0 inet dhcp
# /etc/init.d/networking restart

[リポジトリ変更(Debian etchの場合)]
# vi /etc/apt/sources.list
deb http://ftp2.jp.debian.org/debian etch main contrib non-free
deb http://security.debian.org/ etch/updates main contrib non-free
deb http://ftp2.jp.debian.org/debian-volatile etch/volatile main contrib non-free
deb-src http://ftp2.jp.debian.org/debian etch main contrib non-free
deb-src http://ftp2.jp.debian.org/debian-volatile etch/volatile main contrib non-free
# apt-get update

[GLIBC アップデート(とにかく最初にやること)]
# apt-get install libc6
# apt-cache show libc6
Source: glibc
Version: 2.3.6.dsl-13etch8

[e2fsprogs アップデート(すべての依存関係のおおもと)]
# apt-get -o APT::Force-LoopBreak=true install e2fsprogs
# reboot
再起動後 fsck が走る
# mount -n -o remount,rw /
# reboot

[apt アップデート(apt-keyを有効にする)]
# apt-get install apt
# apt-get update

[手動で dpkg をアップデート("E: Sub-process /usr/bin/dpkg received a segmentation fault."のバグfix)]
# apt-get install libattr1 libacl1 coreutils dpkg
# dpkg -i /var/cache/apt/archives/libattr1_2.4.32-1_i386.deb
# dpkg -i /var/cache/apt/archives/libacl1_2.2.41-1_i386.deb
# dpkg -i /var/cache/apt/archives/coreutils_5.97-5.3_i386.deb
# dpkg -i /var/cache/apt/archives/dpkg_1.13.26_i386.deb
# apt-get -f install

[GRUB アップデート(0.91->0.97)]
# apt-get install grub
$ /usr/sbin/grub --version
# /usr/sbin/grub-install /dev/hda
# /usr/sbin/update-grub
# vi /boot/grub/menu.list

[tar アップデート(tar.bz対応)]
# apt-get install tar

[/etc/apt/sources.listファイルに記述すべき最適なミラーサイトの決定]
# apt-get install netselect
# netselect -vv ftp.jp.debian.org ftp2.jp.debian.org ftp1.debian.or.jp cdn.debian.or.jp
# vi /etc/apt/sources.list
# apt-get update

[コンパイラ]
# apt-get install gcc binutils make

[Xorg の導入]
xserver-xfree86
<-
xserver-xorg に依存
<-
xserver-xorg-core
xserver-xorg-input
x11-common に依存

ということで、結局 x11-common に依存関係が行き着きます。
ならば例えばシステムすべて強制的にアップデートするとどうなるんでしょうか。

[システムのアップグレード]
# dselect
アクセス方法にaptを選択
# apt-get -u dselect-upgrade
x11-commonの処理でエラー
# mv /usr/X11R6/bin /usr/X11R6/bin.bak
# apt-get -u dselect-upgrade
atmelwlandriver-tools がコンフリクト
# dpkg -r atmelwlandriver-tools
# apt-get -f install
# apt-get -u install dselect
# apt-get -u dselect-upgrade

これで形式的には終わるので、あとは
# ln -s /usr/X11R6/bin.bak/* /usr/X11R6/bin/
# reboot

やはり、というか予想通りもうXは立ち上がりませんでした。
ここから xorg での X の構築は入門者レベルではハードルが高そうです。
どうやら藪の中にはまってしまいました...。

にゃんぽこりんの結論:
Debian etch のリポジトリから xorg へアップデートしようとしているのなら、
最初からDebianをインストールしたほうが早い。

<追記>
GLIBC アップデートを最初にやってはいけません。
修正しました。

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://nyanpokorin.blog55.fc2.com/tb.php/12-6f6e760d

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。