にゃんぽこりんのメモ

にゃんぽこりんのメモ

Linuxな日々
プロフィール

nyanpokorin

Author:nyanpokorin
昔NEC98にFreeBSDを入れたことがあるくらいで、Linuxは超入門者です。ゼロから勉強しなおしです。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム

リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20090127 Tue
FIVA 102 に Debian(lenny)+fluxbox をインストールしてみた 

FIVA 102 に Debian(lenny)+fluxbox をインストールしてみた 

例によって 低スペックPC CASIO FIVA 102 に Linux インストール編です。
前回 Debian(etch) のときは、gdmとgnome環境をインストールしてしまったため、ちょっと重くて使いずらいと感じていたので、今回は、最小構成のCUI環境からfluxboxをインストールすることにしました。
Debian(lenny) は、FDDブートに対応していないので、HDDにブートイメージとisoイメージをいれてネットワークインストールします。
結論から先に言いますと、Damn small Linux 4.4 (DSL4.4)より断然かるい、しかもカーネル2.6で使いやすい これはおすすめです!

とりあえず前提条件


CASIO CASSIOPEIA FIVA MPC-102M62
(MediaGX-S 233MHz、メモリ 96MB、HDD 10GB)
FDD->ブート可、CD-ROM->ブート不可、USB->ブート不可、PXE->ブート不可

LAN(インストール時に使用)
NE2000互換pcmcia (PLANEX Fast Ethernet Card 10/100Base-TX FNW-3600-T)

HDDに170MB以上のext3パーティションがあり、そこにファイルをコピーできる環境であること
(ここここここを出発点とします。あるいは BG-Rescue Linux という手もあります。【ハウツー】FD2枚でパーティションを復旧!(1) - BG-Linuxのインストール)

GRUB(version 0.97) が MBR または FDD から起動できる
(DSL4.4な方はGRUBをアップデートしておく必要あり <-ここ参照)


[用意するファイル]
今回、インストーラーは GUI にしてみました。

GTK版ブートイメージ
http://ftp.jp.debian.org/debian/dists/lenny/main/installer-i386/current/images/hd-media/gtk/から
initrd.gz (29-Oct-2008 22:17 12.3M)
vmlinuz (29-Oct-2008 22:16 1.4M)

netinst CD イメージ
http://cdimage.debian.org/cdimage/lenny_di_rc1/i386/iso-cd/から
debian-testing-i386-netinst.iso (05-Nov-2008 00:48 150M)

この3ファイルを HDD に入れておきます。


(以下 hda3 からブートする場合)
GRUBが起動したらC
grub> root (hd0,2)
grub> kernel /vmlinuz vga=788
grub> initrd /initrd.gz
grub> boot

GUIインストーラーが起動します。

言語選択
lenny_localechooser_languagelist_0_convert_20090127210728.png

キーボード配置の選択
lenny_console-keymaps-at_keymap_0_convert_20090127210555.png

ISOイメージからインストーラーコンポーネントをロード
ネットワークハードウェアの検出
ネットワークの設定
lenny_netcfg_get_hostname_0_convert_20090127210822.png

ディスクの検出
ディスクのパーティショニング
lenny_partman-auto_init_automatically_partition_0_convert_20090127210926.png

今回はこんな感じに
lenny_partman_choose_partition_0_convert_20090127210849.pnglenny_partman_confirm_0_convert_20090127210905.png

ベースシステムのインストール
ユーザーとパスワードのセットアップ
lenny_passwd_root-password_0_convert_20090127210952.png

パッケージマネージャの選択
パッケージマネージャの設定
lenny_mirror_http_mirror_0_convert_20090127210755.png

ソフトウェアの選択とインストール(popularity-contestを設定)
ソフトウェアの選択(デスクトップ環境を選択しない)
lenny_tasksel_first_1_convert_20090127211015.png

ハードディスクへのGRUBブートローダのインストール
lenny_grub-installer_only_debian_0_convert_20090127210655.png

インストールの完了
lenny_finish-install_reboot_in_progress_0_convert_20090127210633.png


[初期設定]
コンソールでの日本語表示
# modprobe vga16fb
$ jfbterm -q

起動時にモジュールを自動ロードするようにしておく
# echo vga16fb >> /etc/modules

sudoの設定
$ su
# apt-get install sudo
# visudo
->
# User privilege specification
root ALL=(ALL) ALL
ユーザー名 ALL=(ALL) ALL

apt-get リポジトリの設定
$ sudo apt-get install netselect-apt
$ sudo netselect-apt -s -n lenny
(-> src,non-freeを有効に)
# cp ./sources.list /etc/apt/sources.list
# apt-get update
# apt-get install debian-keyring

ウィンドウマネージャ
# apt-get install fluxbox fluxconf

X
# apt-get install xorg
# dpkg-reconfigure x11-common
(Xサーバの起動を許可するユーザー: コンソールユーザーのみ)
# dpkg-reconfigure xserver-xorg
(カーネルフレームバッファデバイス -> Yes)

ドライバ、解像度などの設定がないので手動で編集
# vi /etc/X11/xorg.conf
Section "Device"
      Driver "vesa"
Section "Screen"
      SubSection "Display"
            Depth   16
            Modes   "800x600"
      EndSubSection

Authorization機構を有効に
$ exit (コンソールFBモードから抜ける)
$ startx -- -auth ${HOME}/.Xauthority
$ xauth list
$ startx

これで fluxbox が立ち上がる。


ここからは Xterm での作業
Xtermのリソース設定
$ vi ~/.Xresources
! UTF-8
XTerm*utf8: 1
! フォントを大きく
XTerm*font: -misc-fixed-medium-r-normal-*-18-120-100-100-c-90-iso10646-1
! スクロールバーを表示
XTerm*scrollBar: true
! バッファサイズを 1000 行にセット
XTerm*saveLines: 1000


TrueTypeフォントのインストール
Kochi Gothic フォント
# apt-get install ttf-kochi-gothic-naga10

IPAモナーフォント(http://www.geocities.jp/ipa_mona/index.html)
(参考:Debian/IPAFont - aqulos' wiki - livedoor Wiki(ウィキ))
# mkdir /usr/share/fonts/truetype/ipa/
$ tar xvfz opfc-ModuleHP-1.1.1_withIPAMonaFonts-1.0.8.tar.gz
# cp opfc-ModuleHP-1.1.1_withIPAMonaFonts-1.0.8/fonts/ipa*.ttf /usr/share/fonts/truetype/ipa/
[aqulos' wikiより、IPAモナーのhintsファイルをお借りする]
->ttf-ipa-mona.hints
# defoma-font register-all ./ttf-ipa-mona.hints
# defoma-reconfigure

X-TTかFreeTypeか
# dpkg-reconfigure x-ttcidfont-conf
freetypeを選択

.fonts.confを修正しておく(この辺自信無し。書体関係 Wiki - unixuser200403-2とかでもう少し調べる必要あり)
$ cp /etc/fonts/conf.d/65-nonlatin.conf ~/.fonts.conf
$ vi ~/.fonts.conf
<fontconfig>
      <match target="font">
            <edit name="embeddedbitmap" mode="assign">
            <bool>false</bool>
            </edit>
      </match>

<family>serif</family> -> IPAMonaGothic,Kochi Gothic
<family>sans-serif</family> -> IPAMonaGothic,Kochi Gothic
<family>monospace</family> -> IPAMonaGothic,Kochi Gothic

Fluxboxの文字化け対策
lenny の Fluxbox (1.0.0+deb1-8) はUTF-8メニューに対応済み(ソースコンパイルの必要はない)だが、
スタイルによってフォントを再設定する必要あり。
(BrueNightでIPAモナを使う場合)
$ cd /usr/share/fluxbox/styles
# sed -e "s/\s.*dejavu.*/\tIPAMonaGothic/g" > BlueNight-IPA

Styles->BlueNight-IPA に設定。

無線LANの設定 (IO DATA WN-G54/CBL-> Atheros AR5212 の場合)
lennny の 80211ドライバは mac80211 なので madwifi は必要なくなった。
ath5k で認識。

(wicdインストール)
リポジトリ追加
deb http://apt.wicd.net lenny extras

$ wget -q http://apt.wicd.net/wicd.gpg -O- | sudo apt-key add -
# apt-get install wicd
$ wicd-client -n
(wlan0,wext に設定)

日本語入力環境
# apt-get install scim-anthy
$ scim

ファイルブラウザ
# apt-get install pcmanfm tango-icon-theme
$ echo gtk-icon-theme-name="Tango" > .gtkrc-2.0

エディタ
# apt-get install vim-gtk

Webブラウザ
# apt-get install iceweasel iceweasel-l10n-ja

起動プロセス管理
# apt-get install sysvconfig

ntp
# apt-get install ntp



これでいちおうの初期設定はOKとしました。
初めにも書きましたが、DSL4.4のfluxbox より軽いし、カーネルが 2.6 なのが何かと便利です。
FIVA 102 はこれで落ち着きそうです。

lenny-xwd_convert_20090127235150.png

スポンサーサイト

Comment

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://nyanpokorin.blog55.fc2.com/tb.php/16-a716e0e0

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。