にゃんぽこりんのメモ

にゃんぽこりんのメモ

Linuxな日々
プロフィール

nyanpokorin

Author:nyanpokorin
昔NEC98にFreeBSDを入れたことがあるくらいで、Linuxは超入門者です。ゼロから勉強しなおしです。

最新記事
カテゴリ
検索フォーム

リンク
RSSリンクの表示
FC2カウンター

------ --
スポンサーサイト 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20081123 Sun
[USB編] CASIO FIVA 102 にLinux (Damn small Linux) 

[USB編] CASIO FIVA 102 にLinux (Damn small Linux) 

前回 CD-ROMを使って FIVA102 に Damn small Linux(DSL)をインストールしましたが、その後こんな記事を見つけました。

アキバとPCジャンク: 古いPCでLINUXをUSBブートしHDDレス稼動する
Boot Floppies - DSL Wiki

この方法なら、isoイメージをCDRに焼く必要がありませんし、DOS起動ディスクも必要無さそうです。さっそくFIVA102で試してみました。

CASIO CASSIOPEIA FIVA MPC-102M62
メモリ 96MB
HDD 12GB
FDD
CASIO純正 MPC-140FDD ※ブート可
USB
I-O DATA USB Flash Disk 256MB ※ブート不可
作業用PC
WinXP-SP3 + USB-FDD




ライブCDの部屋 の日本語版Damn small Linux 4.4のisoイメージから、IsoBusterなどのツールで bootフォルダと KNOPPIXフォルダを抜き出し、FAT16でフォーマットしたUSBメモリにコピーしておきます。

http://distro.ibiblio.org/pub/linux/distributions/damnsmall/current/
bootfloppy.img 08-Jul-2008 23:45
をダウンロードして、前回同様 rawwritewin.exe を使って起動FDを作ります。

FIVAにUSBメモリを挿してFDから起動、bootプロンプトがでたら
boot: fb800x600 dsl fromusb

DSL X Setupの画面になったら
Xvesaを選択
USB mouse->No
IMPS/2 mouse->Yes
screen resolution->800x600 pixel
color depth->32bit
own dpi->No
Please choose keyboard->jp106

USBメモリからDamn small Linuxが立ち上がりました。
つぎにFIVAのHDDにDSLをインストールしてみます。

Installing to the Hard Disk - DSL Wiki
Notes on doing a Damn Small Linux install

DSL->アプリケーション->ツール->ハードディスクへインストール
Linuxパーティションを作成? y
cfdisk はこんな感じ。
dsl-hdinstall-usb-cfdisk
※rootパーティションをhda1にすると、この後再起動に失敗します。/boot/grub/menu.list が "root=/dev/hda2"のままになってしまうようです。

インストール先パーティション: hd2
マルチユーザー? y
ext3ジャーナルファイルシステム? y (注)
続けますか? y

ファイルシステムext3を/dev/hda2上に作成中...
ファイルコピー...
rootファイルシステムのデータコピー中...
システムファイルのコピーが完了しました.
インストール作業が終了しました.

注: http://distro.ibiblio.org/pub/linux/distributions/damnsmall/current/dsl-3.x/
bootfloppy-usb.img 25-Jan-2006 01:30  (kernel 2.4.26)
を使った場合、ext3ジャーナルファイルシステムを指定すると次のようなメッセージがでてインストールに失敗します。
rootパーティション/dev/hda2をマウント中にエラーが起きました.
Some message from mount:
mount: unknown filesystem type 'ext3'
ext3にしたい場合は、インストール終了後に、sudo tune2fs -j /dev/hda2 を実行すればOKです。


ブートローダーをインストールしますか?: y
どちらのブートローダーを使用しますか?: g
Windowsシステムが先頭のパーティション/dev/hda1上に存在しますか? n
直ちにリブートしますか?: y

これでHDDへのインストールができました。
前回の方法よりずっと簡単ですね。
dsl-hdinstall-screen




(2009/12/29)
リンク先の間違いを修正しました。

スポンサーサイト

Comment

from よねっち
こんにちは。
参考にさせていただいてます。
ブートフロッピーへのリンクが「hhttp」になっています。

>よねっち様

from 管理人
ご指摘いただき
ありがとうございます。
リンク先の記述、修正いたしました。

Post Comment

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

TrackBack

http://nyanpokorin.blog55.fc2.com/tb.php/6-ee9e7b9b

広告:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。